BLOG

【大麻で車を作る!?】米フォード社が製造した走行可能なヘンプカーについて

嘘のような本当の話。1940年代にヘンリー・フォード社はヘンプ(大麻)で作った車を発表しました。
当時の背景として、軍事用品の需要から鉄類が不足していて、勿論その余波は車産業にも及んでいたため、鋼があまり使えませんでした。その為、車産業自体も伸び悩んでいたため、フォード社は新たな挑戦に出ることにしました。その期間なんと12年、ついにフォード社は世界で初めてとなるほとんど植物由来の車を作成しました。

“小麦の茎、大麻の繊維とサイザル麻の繊維からなるセルロースファイバー(天然の木質繊維)が70%、残りの30%は植物性の樹脂で固められている。鋼が使われるのはチューブ状のフレーム部分だけだ”

– Popular Mechanics Magazine December 1941

 

フォード社の研究チームはとても強度のある植物性プラスチックも開発していたようです。ある説によると植物性プラスチックでも鉄の10倍以上の強度が出せるとのこと!

car made by hemp
訳:これがフォード社が発表した”土から育った車”です。亜麻、小麦、大麻、松の木の繊維から出来た、植物性プラスチックがパネルに使われており、これは鋼の10倍の強度がある。
Photo from: Popular Mechanics Magazine

ヘンプオイルから植物性の軽油(ディーゼル油)も出来る

これで、持続可能な車が作れることは分かって頂けたと思うので、そろそろ実際に走らせてみましょう!そのためには軽油が必要ですが、もちろんオイルも”持続可能”なオイルを作ることができます。大麻油はほぼ100パーセントがバイオディーゼル(植物性軽油)に転換することができます(正確には97パーセント)。

残念なことに、前衛的過ぎたため当時はそこまで興味を持たれずに終わってしまいました。だが、現代の生活様式はもっと持続可能な社会作りに重点を置いています。もしかすると、この大麻で車を走らせるアイデアは現代向きかもしれません。

2017年に入って…

cars in 2017
Photo from: CNBC

Jay Leno(ジェイ・レノ)は彼の番組であるJay Lenos Garag(ジェイ・レノズ・ガレージ)で50キロのヘンプを使って赤色の小さなオープンカーを作成しました。車のオーナーはブルース・ディエツゼン氏(Bruce Dietzen)はこの強度があり耐久性のあるヘンプカーを大変気に入っています。Renew Sports Carsはブルース氏の会社で、この再生できる持続可能なコンセプトのもと自動の乗り物を製造しています。

ブルース氏の会社はフォード社がやり残した事をしているようにも見えるが、-ブルース氏は10年以内にカーボンファイバーや鋼、化石燃料由来のプラスチックを使わない自動車の販売を目指している。

– High Times Magazine 2017

ヘンプーカー再生プロジェクト

ブルース・ディエンツゼン氏は2100万円(20万米ドル)を投資して、彼のプロトタイプ(試作機)のヘンプカーを制作しました。ブルース氏は結果にとても満足していて、今では注文のオーダーが鳴りやまないようです!ちなみに気になるヘンプカーのお値段はグレードにより410万円から2000万円(4万から19.7万米ドル)の価格帯で販売されています。

イメージしてください…もし世界中で持続可能な植物から車が作れたならば、間違いなくとんでもない量の二酸化炭素の排出を抑えることが出来ます。簡単な試算でも通常1台の車の製造に10トン以上の二酸化炭素が排出されています。これは1台の車を作るだけの二酸化炭素の量です。そしてその車を走らせるのに平均して年間6トンの二酸化炭素が排出されます。

しかし、植物性燃料(バイオ燃料)を使用すると、電気自動車よりも3倍世界を緑化することが出来ます。植物性燃料とはトウモロコシの茎から出来るバイオエタノールやフォード社が作ったセルロース性のエタノールは大麻草から作られています。
その上、人間が地球上で生活する上で掛かる負荷を毎日の選択から減らせる事が明らかなのは素晴らしい事です。仮にそれが小さな変化でも、いつかは大きな波へと変わります。買い物する時にエコバッグを持っていくことや、水筒を使う、プラスチックの製品を極力使わないと言った小さなことが、大きな変化へと繋がります。植物から作られた車を運転してみたいですか?感想やコメントもお待ちしています! @cannalifenet をフォロー、Twitterで@cannalifenet をフォローしてね!

 

*訳者感想*

世界初のジーンズは大麻から作られてた事は有名ですが、まさか大麻から車が作れるとは思いませんでした。

ちなみにメルセデスベンツやBMWの内装でも大麻が使われているのは有名ですが、車全部ではありあません。参考に2016年のメルセデスの写真置いていおきます。

質問やコメント、ご意見あればTwitterで@TaimaDragonまでお願いします。

原文はこちらからhttps://cannabislifenetwork.com/the-car-made-by-hemp-by-henry-ford/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です