CLN

アイダホ州へ近いオレゴン州の州境では大麻の売り上げが420%も高い事が発覚

https://cannabislifenetwork.com/oregon-marijuana-sales/

原文:THE CANADIAN PRESS
訳:焚麻 (Takuma Imamura)

 

オレゴン州ポートランド—アイダホ州との州境があるオレゴン州での大麻の売り上げが

州全体の平均の420%と”偶然の数字”と話題になっています。

 

アイダホ州では違法であるため、アイダホ州の住民はオレゴン州で嗜好用大麻を購入しています。

この様にオレゴン州経済分析局が金曜日に発表した報告書で述べました。

 

また、このレポートによると、2019年のワシントン州の大麻の売り上げは、

オレゴン州カナダとの国境に比べ、アイダホ州との州境での方が大麻が売れている事がわかりました。

 

「アイダホ州との国境、州境沿いの地域の売り上げは、私の予想を遥かに上回っていました。」

と分析者のジョシュ・レーナーは述べました。

「アイダホ州では完全に嗜好用大麻が合法化という訳ではありませんが、

収入、小売業者の数、税率などを考慮した大まかな国境税モデルにデータを投入した後でも、

大きな周辺効果が残っています。」

 

周辺効果とは、近隣の2つの管轄区域が異なる法律の場合、

住民は異なる法律を効果的に利用するために近くの国境や州境を住民が越える現象。

と専門家は述べました。

※アメリカでは州で法律が異なる為、周辺効果が発生する場合がある。

 

このレポートでは、アイダホ州との州境があるオレゴン州の売り上げの約75%

ワシントン州の売り上げの約35%が周辺効果によるものであることがわかりました。

 

アイダホ州は、オレゴン州、ワシントン州、ネバダ州を含む

嗜好用大麻の販売を合法化されている3つの州と国境を接していると当局は述べた。

 

アイダホ州の政治家は、医療用大麻合法化の支持者が

総選挙投票の主導権を勝ち取る為に署名を集め始めました。と報告をしました。

ABOUT ME
CHEDDAR
CHEDDAR
カナダ在住の大麻難民/大麻活動家。大麻で救えたかもしれなかった家族や友人を亡くし、少しでも多くの人にとってこの大麻という選択肢を与えるきっかけとなるべく、YouTubeでの情報発信、海外の大麻ニュースサイトCLN、エビデンスに基づく医療大麻を啓発するGreenZoneJapanの動画編集をやっています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です