BLOG

嚢胞性線維症(CF)の治療に大麻は使えるのか?

https://cannabislifenetwork.com/cystic-fibrosis-and-cannabis-how-do-they-fit-together/

嚢胞性線維症(Cystic Fibrosis 以下、CF)の主な症状とは、肺に水分が貯まるというものだ。
こうした症状を抱える人々にとっては、大麻の吸引というオプションは非常に危険なもののように思える。しかし反対に、「大麻の吸引ができるから生きている。」という方もいる。

こうした事例を考慮すると、大麻が液体で満たされた肺に対しどのように作用するのか。という疑問が生まれる。
医学的な答えとしては否定的な可能性が高いが、実体験こそが本当の証拠かもれしれない。
それは、どんな状況においても、セオリー通りにならないシチュエーションはこの世に多く存在するからだ。
そこで、大事な要素として、このトピックについてはより詳細を見ていく必要がある。
大麻のみならず、喫煙と肺への悪影響については周知の事実だが、クリティカル・シンキングをして、大麻の吸引とCFの関連性に関する特定のケースを見てみよう。

嚢胞性線維症(CF

私たちの体の外分泌腺は細胞の内や外に、水やその他の物質を輸送する役割を担っていて、これらの物質は血流に戻らず、体外に押し出される。
たとえば、汗、涙、母乳はすべて外分泌腺から分泌されている。
CFの患者の場合、これらの腺が効果的に機能せず、体全体に体液が蓄積され、
最終的に死に至る。

CFは、主に肺だけでなく、肺膵臓、肝臓、皮膚、消化器系、
および副鼻腔に影響を及ぼす。

さらに、粘り気のある粘液が蓄積すると気道を詰まらせ、酸素の取り入れを妨げる。 

2017年のCF財団に登録された患者の記録によると、
2013年から2017年の間に生まれたCFを持つ人々のうち、
およそ半分が44歳以上まで生きることができると予測されている。

現在の治療法
・粘液を減らす薬
・肺感染を防ぐ抗炎症薬、抗生物質
・消化を助け、CFに関連する胃の問題を軽減する薬
・気道クリアランス法(別名:胸部理学療法)

ダブ(=大麻の濃縮物を吸うこと)

ジョセフ(仮名)は、CF患者の中年男性。
彼は車椅子に乗っていて、体の自由はあまり利かない。
呼吸を助けるために、ジョセフは気管切開手術を受けている。

そんな彼はいつも、ディスペンサリーで大麻の濃縮物(シャター)を購入する。
彼は、このシャターを吸えるおかげで生きているのだ。

彼はシャターを吸う際に、介助人の助けを受け、
サブリメイター(大麻の濃縮物を吸引する喫煙具)を使い、
切開された気管の開口部に直接、チューブを入れて吸引する。
これがジョセフにとって非常に効果的な治療である理由は、
彼がパニックに陥ることなく、気道の詰まりを解消できるからだ。

シャターを吸うと、大麻でハイになるのと同時に、肺の中のネバネバしたものを咳で排出する。
そのため彼が大きな咳をしていても、心配する必要はない。
バッズ(大麻の花穂)を燃やして吸うことは最善の方法ではないにせよ、シャターが手に入らない緊急の状況では治療の手段の一つとなる。
ジョセフにとっては、シャターを吸うことはCFの治療における最も効果的な治療法なのである。

大麻が体に及ぼす影響

1、気管支拡張

いくつかの研究で、大麻が気管支の拡張薬として機能することが示されている。
アヘン系の薬よりも安全なオプションになるため、これは非常に重要なポイントである。
これらの薬で肺の機能を高めることもできるが、酸素と二酸化炭素の交換に問題を起こし、呼吸困難を引き起こす可能性もある。これは一般的に、呼吸中枢の抑制と呼ばれる状態である。幸いなことに、大麻はこの効果を引き起こさない

では、大麻を使用するとどのように肺のつまりを解放するのか?
大麻による気管支の拡張に関しては、2つの研究がある。

  1. CB1の活性化により、神経伝達物質のアセチルコリンの作用が抑制され、平滑筋(内臓や血管の壁に存在し、緊張を保つことや収縮によって内臓や血管の働きの維持を行っている。)の組織がほぐされ、その結果、液体とガスが自由に流れるようになる。
  2. 大麻のポジティブな感情に与える影響と肺機能の向上との間に相関関係があることがわかった。私たちがどう感じているかが呼吸に影響を与える、これは常識のように思える。
    例えば、喘息の人にとっては、恐怖やパニックが発作を引き起こすことがあるが、逆に心がリラックスすれば呼吸もリラックスする。痛みが緩和するだけでなく、大麻の成分カンナビノイドが持つ、心を落ち着かせる幸せな効果は、肺機能を向上させる。大麻の効果が効き始め、リラックスし始めると、肺も反応し、つまりが解放される。

2、去痰薬

大麻を吸引すると去痰薬として作用し、肺内の痰や液体の排出を促進する。
こうした効果を引き出す為には、粘液の分泌を減らすか痰の排出を促す物質である必要がある。
大麻はこうした作用を次のように行う。

肺の軟部組織と血管を拡張することにより、粘液の分泌を減らす成分の通り道を作る
・咳をしてすべてのネバネバしたものを排出する

3、不安を和らげる

先ほど登場したジョセフが経験した最悪の経験として、胸部理学療法(胸部理学療法は,体外から物理的な力を加えて気道分泌物の移動および除去を促進する方法)の最中に息を切らしそうになったことがあった。彼は、肺に溜まったカスを吐き出し始めた時、いつ再び呼吸ができるかわからず、非常に恐ろしかったと言っていた。もし今も彼がこの療法を続けていたら、毎回施術前にパニック発作に苦しむことになっていただろう。

彼は大麻と出会い、この植物が持つリラックス作用に注目し、彼なりの新しい形の”胸部理学療法”を始めた。ジョセフはこの治療を楽しみ、そして彼の体は信じられないほどにそれに反応した。彼にとっては大麻の濃縮物を吸うのは、ハイになるためだけでなく、呼吸を楽にする治療でもあるのだ。

大麻の濃縮物は合法で、大麻の他の多くの形態の製品も合法だが、
厳しい制限がある為、いまだに商品の選択肢や買える場所は非常に限られている。
さらに、価格帯や限定された商品など、現状のシステムではジョセフのような医療大麻の患者のニーズに応えられない場合がある。
こうしたニーズに応える為に、コンパッションクラブとディスペンサリーがいまだに違法の営業をする理由である。

そして、ジョセフは誰かの助けなしでは、大麻、つまり彼の薬を使用するために必要な機器を使用することすらできない。
彼の命は、非合法の手段を使ってでも人々を助ける、そんな人々によって支えられているのだ。

研究が進歩し、改善されていくに従って、CFに苦しむ人々はより良い人生を送り、より長生きできるようになる。 そこにより発展した大麻の研究を追加することで、
患者をさらに力づけ、そして利益をもたらすだろう。

References:

2017 Cystic Fibrosis Foundation Patient Registry Highlights

https://www.cff.org/Research/Researcher-Resources/Patient-Registry/2017-Cystic-Fibrosis-Foundation-Patient-Registry-Highlights.pdf

Single-Dose Effect of Marihuana Smoke — Bronchial Dynamics and Respiratory-Center Sensitivity in Normal Subjects

Louis Vachon, M.D., Muiris X. FitzGerald, M.D., Norman H. Solliday, M.D., Ira A. Gould, M.D., and Edward A. Gaensler, M.D.

https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJM197305102881902

Acute effects of smoked marijuana and oral delta-9-tetrahydrocannabinol on specific airway conductance in asthmatic subjects

American Review of Respiratory Disease, Volume 109, 1974, p. 420-428

By Donald P. Tashkin, Bertrand J. Shapiro, and Ira M. Frank

https://www.ukcia.org/research/SmokedAndOralInAsthmatic.php

Cannabis Science Develops Inhalation Medication for Those Suffering Asthma/COPD via Nebulizer, Targets National Markets

Cannabis Science, Inc. July 29, 2016 14:22 ET

https://www.globenewswire.com/news-release/2016/07/29/1242059/0/en/Cannabis-Science-Develops-Inhalation-Medication-for-Those-Suffering-Asthma-COPD-via-Nebulizer-Targets-National-Markets.htmlFacebookTwitterLinkedInShare
ABOUT ME
cannabislifenetwork.jp
cannabislifenetwork.jp
カナダの西海岸より世界の大麻情報を発信する大麻ポータルサイト