BLOG

大麻いらず!エンドカンナビノイドシステムの働きを高める方法

新型コロナウィルスの影響が世界中で大きな問題となっていて、多くの人が様々なことを気に掛ける余裕がなくなってきているが、こうした時こそ、私たちの持つエンドカンナビノイドシステム(Endo-Cannabinoid System: 以下 ECS)の働きに注目すべきである。

ECSは、私たちの体が持つ免疫システムを調整するだけでなく、ストレス、痛み、炎症などの症状と、それに伴う身体の反応を管理するなどの様々な働きを司る。私たちの持つECSの働きによって、大麻に含まれる化合物がカンナビノイド受容体に直接作用し、多くの人が愛する効力が生み出されるのだ。

しかし、大麻以外にも他の方法でECSの働きを高めることができるのはご存知だろうか?

これらを行えば体の内側と外側から心地よくなり、その上もしかしたら大麻も節約できるかもしれない。

ECS(内因性カンナビノイドシステム)

そもそもECSは、体のシグナル伝達システムの一種と考えられていて、身体全体のバランスを維持する働きを持つ。

この働きは、私たちの体内で作られた内因性カンナビノイドもしくは植物から摂取する植物性カンナビノイドと相互作用することで機能し、次に挙げるような様々な身体機能における重要な役割を果たす

  • 睡眠
  • 食欲
  • 気分調節
  • 代謝
  • 免疫反応と組織機能
  • 痛みと炎症
  • それ以外(私たちの身体のあちこちから起こる多くのこと)

ではタイトルの通り、大麻を使わずにECSの働きを高める方法を紹介しよう。

野菜とスパイスで料理

良質の大麻を摂取すると、多くのカンナビノイドテルぺンなどを摂取できる。特にB-カリオフィレンというテルペンは、大麻だけでなく、ほうれん草、ケール、ビーツなどのさまざまな野菜にも含まれる。このテルペンは私たちのCB2受容体に対する拮抗薬として作用し、リラックスしたり抗炎症性の働きを促進することが研究で示されている。それに加えて、B-カリオフィレンは優れた神経保護の性質もあり、糖尿病性の合併症の治療に非常に効果的でもある。このテルペンは、黒コショウ、クローブ、ローズマリー、オレガノ、バジルなど、様々なスパイスにも含まれている。

寒冷暴露

体が寒さにさらされると、体温を調節する働きが起こる。
この働きによって、脂肪組織からエンドカンナビノイドが放出され、必要とされる神経伝達が引き起こされる。一番身近な方法としては、シャワーまたは風呂の最後に30秒冷水を浴びる。

運動

運動は内因性カンナビノイド系をさまざまな方法で刺激する。あなたが運動している時、体のあらゆる機能が反応する。運動の種類に関係なく、体を動かすことは免疫機能を高め、痛みを和らげ、消化器などの様々な器官系を活性化し、多幸感さえ与える。どうしてなのか?研究によると、運動の種類にかかわらず、被験者が楽しさを感じられる運動では、CB1受容体の活性化、カンナビノイドシグナル伝達、およびアナンダミドの産出が活性化されると示された。
アナンダミドというのはTHCのような作用がある脳内で分泌される物質で、脳内麻薬の一種とも呼ばれている。わかりやすい例だと、大麻の経験をしていて、シラフでの運動経験がある人なら、運動中になんともいえない心地よさを感次たことがないだろうか?その感覚を感じさせる物質だ。今までそうした感覚に触れたことのない人は、視野を広げて自分の興味のある、もしくは楽しめそうなエクササイズを探してみると良いだろう。強制されるものはストレスとなり、CB1受容体の活動を減少させる可能性がある。

ダークチョコレート

今後はダークチョコレートを食べることに罪悪感を感じる必要がなくなるかもしれない。カカオ内の化合物はいくつかのカンナビノイドのような働きをし、神経伝達とアナンダミドのレベルを高める
チョコレートを食べると、ECSが効率的に刺激される。そのため、2000年にある裁判所で、大麻の使用で逮捕された容疑者の弁護理由として、弁護士がチョコレートの食べ過ぎによるものだと主張された例もある。被告にとっては残念ながら、チョコレートが原因であると証明はできなかったが。


もしあなた自身のECSを高めたいと思うのであれば、大麻がなくてもこのようにいくつかの方法がある。

参考文献

THERAPEUTIC POTENTIAL OF CANNABINOID RECEPTOR 2 IN THE TREATMENT OF DIABETES MELLITUS AND ITS COMPLICATIONS

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0014299919305801?via%3Dihub

Vivek S.Kumawat, Ginpreet Kaur
ENDOCANNABINOID REGULATION IN WHITE AND BROWN ADIPOSE TISSUE FOLLOWING THERMOGENIC ACTIVATION

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4766995/

Lucia M. Krott, Fabiana Piscitelli, Markus Heine, Simona Borrino, Ludger Scheja, Cristoforo Silvestri, Joerg Heeren and Vincenzo Di Marzo 

EFFECTS OF EXERCISE STRESS ON THE ENDOCANNABINOID SYSTEM IN HUMANS UNDER FIELD CONDITIONS.

https://link.springer.com/article/10.1007/s00421-011-2237-0#citeas Feuerecker, M., Hauer, D., Toth, R.

 MARIJUANA AND CHOCOLATE 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11363932

James JS.

CANNABINOID MIMICS IN CHOCOLATE UTILIZED AS AN ARGUMENT IN COURT 

https://link.springer.com/article/10.1007/s004140050284

International Journal of Legal Medicine, J. Tytgat, M. Van Boven & P. Daenens

https://cannabislifenetwork.com/boost-endocannabinoid-system-without-cannabis/
翻訳元記事
ABOUT ME
cannabislifenetwork.jp
cannabislifenetwork.jp
カナダの西海岸より世界の大麻情報を発信する大麻ポータルサイト