BLOG

カナダ、BC州が新しい大麻販売プログラムを発表!?

元記事: https://cannabislifenetwork.com/bc-announces-new-cannabis-sales-programs-to-benefit-cannabis-producers-indigenous-businesses/
翻訳: まるたろう

2020年9月20日、早期選挙を呼びかける前日、カナダのBC州政府は州内の大麻生産者等に有利な大麻販売プログラムを発表しました。

大麻生産者の”声”が形になったプログラム

この販売プログラムは、ベテランの大麻生産者や先住民族たちのリーダー、大麻ビジネスの関係者からの意見等から出来上がったプログラムで、小規模の生産者には国の認可を受けた小売業者に直接販売する事や現地で大麻販売が行える許可が与えられます。
このプログラムにより、自分が栽培した大麻を栽培した農家が直接販売する事が可能になります。

「現在、大企業に支配されている大麻市場で生き抜こうとしている小規模な大麻生産者にとって、このような販売プログラムがいかに重要であるかを様々な生産者から聞いています。」と公安・法務大臣のマイク・ファーンワースは述べています。
更に、「我々政府はこれまで以上にBC州のビジネスをサポートし、人々が地元で大麻を購入し地域活性化が実現できるよう取り組みます。それにはあらゆる規模の大麻ビジネスが成功するための条件を整える必要があります。」とも述べています。

インディジナス・シェルフ・スペース・プログラム

今年からスタートするこのプログラムは、BC州の先住民族の既に大麻を生産している人たちに向けたプログラムです。しかし、実際にどのようなプログラムになるのかはまだ発表されていません。

「これらのステップはBC州の大麻産業を成長させるのに役立ちます。大麻製品の詳細を誰でも分かるようにする事で、どのような種類の大麻製品を購入したいか、大麻業界のどの部門をサポートしたいか慎重に決断する事が可能になります。」と司法長官のデビッド・エビー氏は述べています。

BC州政府が発表した新しい大麻販売プログラムについていかがだったでしょうか?
皆さんの意見をどんどんコメントして教えて下さい!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です