BLOG

拡大する正規大麻販売店と無許可営業の大麻販売店の価格差

原文: CANADIAN EXPRESS

訳: 焚麻(Takuma Imamura) Cannabis Life Network Japan

 

カナダ人が正規の大麻販売店から購入する大麻と

ブラックマーケットから購入する大麻に支払う金額の差は拡大しています。

 

専門家によると、今年の大麻産業は大麻の金額が重要になります。

 

カナダ統計局は今週の木曜日、2019年10月から12月までの期間に

正規の大麻販売店での平均価格が前年の1グラムあたり9.69ドルから

1グラムあたり10.30ドルに上昇したと発表しました。

 

この変更は、ブラックマーケットの大麻の平均価格がたった3ヶ月の間に

1グラムあたり6.44ドルから​​1グラムあたり5.73ドルに値下がり

正規の大麻販売店とブラックマーケット全ての平均価格が

1グラムあたり7.46ドルから1グラムあたり7.50ドルに上昇した為、この様な現象が起こっています。

 

統計局は、10月1日から12月31日までに

StatsCannabis(大麻の金額をアンケート形式で回答するウェブサイト)

(https://surveys-enquetes.statcan.gc.ca/cannabis/)を使用して収集した

価格などのデータに基づいて結論を出しました。

291件の価格提出のうち、248件が妥当と判断されています。

 

大麻の価格のデータが示している様に、

ブラックマーケットの規模を最小化する取り組みが必要になり、

これも2018年10月にカナダの嗜好用大麻の合法化を選択した主な理由の1つです。

 

警察や政府が無許可営業の大麻販売店を取り締まる為に

多くの無許可大麻販売店に営業の停止を言い渡しましたが、

いくつかの無許可大麻販売店は営業を続け

嗜好用大麻が合法化される前よりも店は忙しくなっています

しかし、違法市場を撲滅するための業界の取り組みは、

供給の制約と一部の地域では、大麻の小売業者が不足し、

物質をオンラインで購入したくない、または

購入する可能性の低い人々のアクセスを妨げています。

 

「大麻正規販売店では、嗜好用大麻が合法化された日から

ブラックマーケットよりもはるかに高い価格で販売されてきました

オンタリオのブロック大学のグッドマンビジネススクールの

準教授であるマイケルアームストロングは言いました。

「マーケットプロデューサーの今年の目標がまだ決定していない場合、

達成すべき目標は大麻の金額について改善していく事」と述べました。

 

無許可営業の大麻販売店の勢力を少しでも弱める為、

ライセンスを受けたプロデューサーのHexo Corp.は、

税込みで8グラム125.70ドル、1グラムあたり4.49ドルで、

ケベック州の大麻店で28グラムの製品であるOriginal Stashを10月に発売しました。

当時、Hexoの最高経営責任者セバスチャン セイントルイス(Sebastien St-Louis)は、

ケベックでの大規模化に必要なプラスチックパッケージの削減、生産規模の拡大、

電力コストの削減など、さまざまな理由で会社がその価格で提供が可能と発表しました。

 

アームストロング氏がオンタリオの大麻販売店のウェブサイトをチェックした際に、

彼は1グラムあたり5ドル〜6ドル程度の大麻を見つけましたが「まだ少ない方だ」と発言しました。

 

また、全国的に価格のパッチワークがあります。

 

カナダ統計局のデータによると、カナダで一番安く正規の大麻販売店から大麻を購入可能な地域は

ケベック州で大麻の価格は1グラムあたり7.88ドルであり、

反して無許可で大麻を販売している店舗の中で一番価格が高い地域はオンタリオ州

大麻の価格はグラムあたり平均6.21ドルと最高値です。

 

一方、無許可営業店の1グラムあたりの平均価格は1グラムあたり平均4.90ドルで最も低かったが、

正規販売店から購入する場合の最高価格はグラムあたり11.36ドルであった。

 

ブラックマーケットの料金に合わせて大麻の価格を下げることは難しいかもしれませんが、

可能性があるとアームストロング氏は言いました。

大麻を栽培している場所では、大麻の移動、トリミング、収穫を必要とするため重労働ですが、

自動化とフロアプランの改善が役立ちます。

地方の卸売業者と小売業者も、彼らのために仕事を削減しています。

 

「嗜好用大麻が合法化された最初の1年は大麻製品が不足していた為

10ドルで販売をしても売り切れていました。

ですがこれからは価格が問題になりつつあります。」とアームストロング氏は述べました。

 

Hill + Knowlton Strategies(コンサル会社)の全国大麻セクターリーダーである

オマー カーン(Omar Khan)は、解決すべき多くの作業が2つの要因によって

推進されているとメールで述べました。

 

「つまり、より多くの製品の多様性を提供する能力と、

カナダ全土で認可された小売店の遅い展開により、

彼らに法的市場に関して競争上の優位性を与えてしまいます」と彼は言いました。

 

また、カーンは資格を持つ生産者が消費税などによって利益が減少していると気づき、

収益性を維持するために生産者がより高い卸売価格を設定するように促したと述べた。

 

「最新のデータから見て分かるとおり、不法な市場を明らかにするという

連邦政府および州政府の政策目標においてはまだ何も進展はない。」と彼は言いました。

 

「政府は、認可された小売業者(正規大麻販売店)と生産者が、

違法に事業を行うことを選択した人々(無許可営業店)と効果的に競争できるように、

不必要な規制負担を軽減するために展開できる政策手段を真剣に検討する必要があります。」

ABOUT ME
cannabislifenetwork.jp
cannabislifenetwork.jp
カナダの西海岸より世界の大麻情報を発信する大麻ポータルサイト